家族葬のプランと故人の遺志

家族葬のプランは、故人の遺志がどれだけ反映されているかによって内容が大きく異なります。もしこれが、故人の遺志ではなく遺族の方の意思だった場合には、故人の事を良く知っている方や親族の方にしっかりと家族葬でなければいけない理由を明確に提示する事ができなければトラブルに発展してしまう可能性があります。

家族葬のプランは参列する方の人数によって料金が大きく異なりますので、遺族の方は、できるだけ参列してもらう人数を制限するようにします。そのため、一般的なお葬式の場合には当然参列していた方の中に、参列できないという方が出てきてしまいます。そういった方の中には、どうしてお葬式に参列できないのか不満に思われる方もいますし、家族葬が行われた後や、故人が亡くなった連絡をした際に、もっと早めに連絡して欲しかったと思われる可能性もあります。

もし故人が仕事関係の繋がりが多いような場合には、家族葬以外に故人を偲ぶ場を設ける必要が出てくるかもしれません。特に故人の方が自分で商売をしていて、遺族の方が後を継ぐような場合には、取引先の方との友好関係を崩すキッカケにもなりますので十分に注意が必要になります。

故人の遺志でしたら生前に家族葬で行う事や、お断りする事への謝罪などを文章にしておき、連絡する際にお渡しするというのが有効です。もし明確な理由を提示する事ができないような場合には、葬儀業者に相談をしてみて、納得してもらえるような理由を考えてもらうのが有効な手段になります。